‘クリック代行の使用方法’

クッキー(Cookie)ファイルの削除は必ずしも適切ではない

クッキー(Cookie)ファイルの削除は必ずしも適切ではない

多くのクリック代行の業者は、クリックごとに、クッキー(Cookie)ファイルを削除すると謳えていますが、 果たして、クリック代行において、クッキー(Cookie)ファイルの削除は本当に必要でしょうか?

弊社クリック代行のエバークリックでも、当初から、クリックごとに、 クッキー(Cookie)ファイルを削除することを徹底的に行っていましたが、 事業の発展と経験の蓄積に伴い、 クッキー(Cookie)ファイルを削除する必要性に疑問を感じるようになりました。

そこで、“クリック代行において、クッキー(Cookie)ファイルの削除は本当に必要でしょうか?” という問題提起から、仮説を立てて、数年間に渡って研究を行いました。

結論を先に述べると、クリック代行において、 クッキー(Cookie)ファイルの削除は必ずしも適切な選択だとは限りません。 むしろ、過度なクッキー(Cookie)ファイル削除がかえってアカウントの削除の原因になる可能性も考えられます。

“なぜクリック代行の業界において、クリックごとにクッキー(Cookie)ファイルを完全に削除する風潮があったのか” という問いの答えを考える時に、ASP業界とクリック代行業界の攻防戦の歴史を見てみる必要があります。

同じIPアドレスからのクリックを一定の期間において、一度しか承認しない、 というのが、ASP業界が最初に採った戦略でした。 たとえば、AというIPアドレスがある広告をクリックしたら、24時間以内、あるいは、1週間以内、 同じAというIPアドレスからのクリックは報酬のクリック数として計上されません。

それを攻略するために、クリック代行業界はIPアドレスを変更するという方法を採りましたが、 この方法は、簡単に対策ができました。 実は、クリックが行われて、アクセスするたびに、IPアドレス以外にも様々な情報がサーバに伝わっていきます。 それらの情報には、クッキー(Cookie)ファイルと機械=端末=パソコンの解析度、OSなど様々情報が含まれています。 IPアドレスが違っても、これらの情報を用いて総合的に分析すれば、同じ端末(パソコンなど)であることを判明できます。

ならば、複数の端末(=パソコン)を使えばいいのでは、というのがクリック代行業界における次なる戦略でした。

しかし、この方法には限界があります。 それは物理的にパソコンを大量に用意する難しさというネックです。

仮に、1,000台のパソコンを用意できたとして、IPアドレスも10,000件確保できたとしても、 組み合わせは10,000,000組しかありません。

確かに、10,000,000組は多い様に感じるかもしれませんが、 パターンが判明されるのは時間の問題でした。

こう考えてみましょう。1日3,000クリックのコースがあるとします。 3,000クリック*30日*12ヶ月=1,080,000クリックになります。 10契約だけで、1年間以内に、すべての組み合わせが使い果たされてしまいます。 契約数が多ければ多いほど、ASP業界が全ての組み合わせを把握するのに必要な時間も短くなります。

この戦略はしばらくのあいだ、有効でしたが、やはり対策されてしまいました。 そこで、考え付いたのが、端末に関する情報の変更とクッキー(Cookie)ファイルの削除という方法でした。

端末に関する情報は多様であるので、
IP数*パソコンの台数*解析度の組み合わせ数*他の情報の数*……
のように、組み合わせの数が天文学的数字になってしまい、それにクッキー(Cookie)ファイルの削除を加えれば、 広告ASPが全てを把握するのは不可能に近いです。

また、今まで、クリック代行業界では、各広告ASPの“一定の期間において、一度しか承認しない”の “一定の期間”の部分を模索してきましたが、 クッキー(Cookie)ファイルの削除という方法によって、それをする必要もなくなりました。 クッキー(Cookie)ファイルを削除すれば、その期間もリセットされるからです。

しかし、果たして、クッキー(Cookie)ファイルを削除すれば、本当にバレることはないでしょうか?

まずは、一度クリック代行というものから、頭を離れて考えてみましょう。

普通にパソコンを使っていて、インターネットで色々なサイトにアクセスして、 興味のある広告をクリックするたびに、クッキー(Cookie)ファイルを削除する人はどれほどいるのでしょうか?

言い換えれば、クッキー(Cookie)ファイルを持つアクセスが普通のであれば、 クッキー(Cookie)ファイルが削除された状態でのアクセスは不自然としか言いようがないでしょう。

つまり、ASP側がクリック代行のクリックを見つけ出すには、 対象を全ての組み合わせではなく、クッキー(Cookie)ファイルを持たないアクセスに限定すれば、 発見するためのコストも低くなり、発見できる確率も高くなります。

実際に、広告ASP側も、このような動きを見せています。 弊社クリック代行のエバークリックの研究チームは、大量のアカウントで、 2年半にわたって、クッキー(Cookie)ファイルと報酬の関係についての研究を行いました。 研究の結果として、以下のことがわかりました。

クッキー(Cookie)ファイルを持たないクリックは、
クッキー(Cookie)ファイルを持つクリックより、
1.クリックの承認率と報酬が低い
2.合理的な報酬範囲が狭くなる
3.合理的な範囲をこえてしまうと、削除されるリスクが一段と高まる
4.合理的な範囲内でも、削除されるケースが確認されている

合理的な範囲につきましては、
クリック代行においての合理的な範囲とは
をご参考ください。

逆に言うと、クッキー(Cookie)ファイルを削除しないほうが、 クリック率の承認率と報酬が高くなり、合理的な範囲が広くなります。 そして、報酬などを合理的な範囲内に抑えれば、削除されるリスクはありません。 要するに、クッキー(Cookie)ファイルを削除しないほうが、安全性とコストパフォーマンスを最大限に高めることができます。

確かに、クッキー(Cookie)ファイルを全く削除しないと、パターンが判明されるのは時間の問題だし、 “一定の期間”のその“期間”もリセットされなくなりますが、 ここでは、“ランダムの強さ”が登場します。

ランダムの強さにつきましては、
クリックをする時間帯の設定~ランダムの強さ
をご参考ください。

ランダムで、クッキー(Cookie)ファイルの一部のみ削除したり、変更を加えたり、することで、 クッキー(Cookie)ファイルを持つクリックでありながら、パターンと組み合わせが多様化になり、 “期間”をリセットすることもできます。 言ってみれば、ランダムで、クッキー(Cookie)ファイルを処理することによって、 クッキー(Cookie)ファイルを持つクリックとクリックを持たないクリックのデメリットを打ち消すとともに、 両方をメリットを最大限に活かすことができます。

このような方法を使っているクリック代行の業者は、 今のところ、弊社クリック代行のエバークリックしかありません。 このコラムが発表されてから、恐らくほかのクリック代行の業者様も模倣してくるのでしょう。

しかし、単にむやみにランダムで、クッキー(Cookie)ファイルの一部のみ削除したり、変更を加えたり、するだけでは、 非常に怪しくて、不自然です。 たとえば、AとBという二つのサイトがあるとします。この2サイトのクッキー(Cookie)ファイルも当然、一定の関連性も持っています。 もし、その関連性を無視して、クッキー(Cookie)ファイルの一部を削除したり、変更を加えたり、してしまうと、 そのアクセスとクリックがいかに不自然であるかは、想像に難くないでしょう。

従いまして、単にランダムでクッキー(Cookie)ファイルを処理するのではなく、 サイトとサイトの関連性を考慮して、一定のルールのもとで、クッキー(Cookie)ファイルのランダム処理を行わなければなりません。 このような規則とルール、言ってみれば、ノウハウは、経験の蓄積と長期間の研究でしか習得することができません。

クッキー(Cookie)ファイルのランダム処理という方法自体を模倣できても、経験と研究データを模倣することはできません。

ただ単にコストの削減によって、低価格でクリック代行サービスを提供しようとしているほかの業者様と違い、 時間とコストをかけて、研究をも行う弊社クリック代行のエバークリックならではの強みが、 ここにあると言っても過言ではありません。

クッキー(Cookie)ファイルのランダム処理についての研究と経験の蓄積をいち早くも行ってきた クリック代行のエバークリックのクリック代行のサービスは、安全性もさることながら、 費用対効果=コストパフォーマンスも高いので、是非、ご検討ください。

 

クリックをする時間帯の設定~ランダムの強さ

クリックをする時間帯の設定~ランダムの強さ

クリックをする時間帯を設定できるのか、 あるいは、 時間帯によって、クリック数を指定できるのか、 よくこのようなお問い合わせが来ます。

答えを先に言いますと、時間帯によってクリック数を指定することができますが、 しかし、お勧めできません。 なぜならば、時間帯によってクリック数を指定してしまえば、 ランダムの強さがもたらす効果を期待できなくなるからです。

システム上のデフォルト設定では、時間帯によって、異なるクリック数の範囲が設けられて そして、その範囲内で、ランダムでクリックが執行されます。 実際のインターネットユーザーが多い時間帯は、多くのクリック数が執行されるのに対して、 ユーザーが少ない時間帯においては、執行されるクリック数も少なくなります。

これはどういうことかというと、 たとえば、1日500クリックのコースだとします。 インターネットユーザーが多い時間帯は30%~50%という範囲内で、 ランダムでクリック数が執行されます。 そして、インターネットユーザーが少ない時間帯は5%~10%という範囲内で、 ランダムでクリック数が執行されます。 一日の合計が約500クリック±20%~40%になります。

こうすることによって、クリック数のバラつきがあり、より自然なクリックを見せることができます。

なぜ、このような仕組みにしているのでしょうか?

クリック代行において、最も避けたいリスクは、アカウント削除のリスクです。 クリックが一定のパターンで執行されると、 広告ASP側はクリックのデータを集め、分析することで、簡単にそのパターンを把握することができます。

しかし、クリック数をランダムで決めることによって、 広告ASP側は、そのパターンを把握することができなくなります。

多い時間帯は30%~50%という範囲
少ない時間帯は5%~10%という範囲
一日の合計が総クリック数±20%~40%

時間帯によって、クリック数の範囲が違います。 そして、その範囲内で、ランダムでクリック数が決まります。 最後に、一日の総クリック数もランダムでバラつきがあります。

このように、ランダムをすることによって、広告ASP側は、そのパターンを把握することができなくなります。 これがランダムの強さです。

このランダムの強さというのは、クリック代行において、様々な面で適用できます。 たとえば、クッキーファイルのクリア・削除においても、このランダムの強さを活用できます。 詳しくは
クッキーファイルをクリアする必要性
または
クッキー(Cookie)ファイルの削除は必ずしも適切ではない

をご参考ください。

クリック代行に最適なサイトコンテンツ

サイトのコンテンツについて-クリック代行システムの使用方法

サイトのコンテンツについて説明させていただきます。

稀にサイトコンテンツが極めて少ない状態で、
クリック代行システムに申し込みをするクライアント様がいます。

新しいサイトでコンテンツ(ページ数)が少ない場合、
また検索エンジンにインデックス(拾われてる)されていない場合は、
リンク元(リファラー)の偽造設定が非常に難しくなりますので、
出来ればクリック代行システムに申し込む前に、
サイトのコンテンツを20ページ以上に増やして、
検索エンジンにインデックスされてからのご利用をお勧めいたします。

できればクリック代行システムに申し込みをする前に、
グーグルやヤフーなどの検索エンジンで、インデックス状況を調べて頂きたいと思います。
方法はグーグルやヤフーなどの検索エンジンで、site:サイトURL で検索してください。

例えば、http://abcd.com というサイトがあります。
グーグルやヤフー検索で、site:http://abcd.com で検索すれば、
検索エンジンにインデックスされているかどうかがわかります。

どうしてもコンテンツをこれ以上増やせないサイトや
いつまで経っても検索エンジンにインデックスされないサイトは
アクセスランキング操作のご利用を先にお勧めいたします。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

ランキング操作で人気あるランキングの一位を取り、
アクセスランキングからアクセスされた様に
リファラーを偽称すれば、問題解決できます。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム

広告とクリック対象の判断基準

広告の判断基準-クリック代行システムの使用方法

クリック代行システムでの広告の判断基準について、説明させて頂きます。

クリック代行プログラムはドメインで広告であるかどうかを判断します。
例えばクライアントサイトが http://www.abcd.com/ だとします。
サイト内に http://www.abcd.com/ で始るリンクを全てサイト内のリンクだと判断し、
http://www.abcd.com/ で始まらないリンクを全て広告だと判断します。

サブドメインもサイト外リンクに判断してしまいます。
即ちクリック代行システムが広告の様に判断し、サブドメインのリンクをクリックしてしまいます。

<a href=>タグで記載されていないリンク、
例えばグーグルアドセンスなどのjavascriptのコート、
でもちゃんと広告だと判断できますのでご安心ください。

しかし、相互リンクや無料サーバーの“強制”広告もクリックしてしまいますので、
あらかじめ相互リンクを外したり減らしたりしておくか、
クリック率をやや上げることが必要です。

クライアントサイトが http://www.abcd.com/ の場合で、
クリック代行システムがサイト内リンクだと判断する例:
(クリック代行システムがクリックしないリンクの例)

http://www.abcd.com/1.htm 
http://abcd.com/1.htm 
http://www.abcd.com/1.htm

クライアントサイトが http://www.abcd.com/の場合で、
クリック代行システムが広告だと判断する例:
(クリック代行システムがクリックするリンクの例)

http://www.xyz.com/
http://xyz.abcd.com/
http://blog.with2.net/link.php?XXXXX
などになります。

もちろんグーグルアドセンスなどのjavascriptのコート:

  1. <script type=”text/javascript”><!–
  2. google_ad_client = “pub-0000000000000000”;
  3. /* 000×00, 00/00/00 single top link */
  4. google_ad_slot = “00000000000”;
  5. google_ad_width = 000;
  6. google_ad_height = 00;
  7. //–>
  8. </script> <script type=”text/javascript”
  9. src=”http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
  10. </script>

 

でもクリック代行システムがちゃんと広告だと判断し、クリックしてくれます。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム

Copyright© 2009-2017 Ever-Click.com All Rights Reserved.