クリック代行システムの機能:リンク元(リファラー)の偽造

リンク元(リファラー)の偽造-不正クリック代行プログラムの機能

サイトのリンク元(リファラー)の偽造ができます。
一般のクリック代行システムのリンク元(リファラー)が“ノーリファラー”です。
「お気に入り」からのアクセスやIEのアドレスバーに直接URLを打ち込むのと同じです。
この様なトラフィックやクリックは非常に不自然であり、2日くらいでASPにバレ、アカウントが登録削除されてしまいます。

当不正クリック代行プログラムは自由にリンク元(リファラー)を設定できますので、
例えばヤフー検索からのアクセスが全く無くても、「http://search.yahoo.co.jp/search?p=XXX」の様に設定してしまえば、
アクセスログを見ても、ヤフー検索からのアクセスの様に見えてしまいます。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム