クリック代行サービスで嫌がらせを?《第五回》

開発チームの一言コラム 第五回 クリック代行サービスで他に何かできる?

どうも、クリック代行システムの開発チームのSE 杉本です。

今日のテーマは「クリック代行サービスで他に何かできるか?」です。
まぁ、クリック代行サービスなので、広告のクリック代行もさることながら、
ランキングの操作もできることは皆様ご存知かと思いますけれども、
最近、いささか“特別”な依頼を受けたことがありました。

ある日、カスタマー担当からシステムの設定依頼ががありました。
これはよくあることなんですが、ただ内容がちょと気になりました。

「リファラーを設定しないこと」とのことでした。

ハイ、そうです。リファラーを設定しないことでした。
それでサイトをちょっと拝見しましてね、
あれ?アドセンスの広告が…
それではアカウントが削除されてしまうので、カスタマー担当を通して、
クライアント様へ連絡したんです。

「アドセンスのアカウントが削除されますよ」とカスタマー担当が忠告したんですが、
「大丈夫です。削除されても構いません。むしろ削除されたい」
とのことでした。

そこで、ワタクシがピンと来たんです。
「嫌がらせだ!こりゃ」

粗末なトラフィックで、アドセンス広告を掲載されているサイトを巡回させれば、
それは確かに一週間以内にアドセンスのアカウントが削除されるんですね。

まぁ、それはワタクシの知ったことじゃないので、
依頼通りに設定をし、予想通りにアドセンスのアカウントが削除されてしまいました。
4日目にサイトをアクセスしてみたら、アドセンス広告のところが全て空白…

 それから同じクライアント様から何回か似てような依頼が来てました。
アドセンスのサイトもあれば、普通のサイトもありました。
ただ、共通する点はいずれも「リファラーを設定しないこと」でした。

お金をそこまで掛けて、興味本位でやってるとは思えないほどの依頼でしたので、
恐らく「嫌がらせ屋」をビジネスとして行なっているのではないかと思うんですよね。
要するには、ライバルサイトとか嫌なやつのサイトへの嫌がらせを代行しているんです。
そこで受けた依頼を弊社に回してくるんです。

弊社にとってはいいことなのか、ただ利用されているだけなのか、
なんだかよくわかりませんね。

だからと言って、弊社も最初からある意味裏商売ですので、理由を問わず、お金さえ頂ければな…

まぁそういう出来事があったということで、バイバイ
それで、「嫌がらせ代行へのお問い合わせは」↓
嫌がらせ代行へのお問い合わせはこちらまで

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム 

半額クーポン、先着限定無料サービス、各広告ASP対応の裏技などお得な情報満載!
トップページからメルマガへ登録してください!
不正クリック代行システム

先着順5名様特別無料キャンペーン!

先着順5名様特別無料キャンペーン!

↓下記のホームページでメルマガに登録して、いち早く無料キャンペーン情報や半額キャンペーン情報を手に入れよう
クリック代行システム
↑サイトへアクセスして、メルマガの登録フォームがございますので、是非登録してください

先着順5名様限定特別キャンペーンのお知らせです。 終了しました。

コース名 金額 期間 残り枠 初期費用
ヘビーコース 2,000円 7日 5 4 3 2 1 無料

 今回はなんと!初期費用無料キャンペーン?!
本来ならヘビーコースが10,000円なので、一日333円になりまして、
7日間でしたら、2,300円になります。
そして、別途に初期費用が5,000円掛かります。

今回はなんと、ヘビーコース7日間を2,000円で、
そして更に、初期費用を無料とさせて頂きます!

7日後の継続やコース変更も初期費用不要!!

ランキング操作やクリック代行に自由に使ってください。
一つのシステムで最大5サイトまで登録できます!!

先着順で、8月27日までにお支払いして頂ける方限定です。

お申し込みの流れ:
==>まずはこちらから お問い合わせください (お申し込むフォームではなく、必ずお問い合わせフォームから)
==>枠の確認をしてから、正式的にお申し込みを頂きます。
==>お申し込みを頂きましたら、枠を3時間保留させて頂きます。
==>折り返しに支払い方法をご案内させて頂きます。
==>3時間以内にお支払いを済ませてください。
==>支払いの確認次第、30分程度でサービス開始となります。
 

詳しくはお問い合わせください

1.このキャンペーンに参加できるのは新規サイト(ブログ)のみとさせて頂きます。
2.既に弊社のサービスをご利用中のクライアント様でもご利用できますが、ご利用できるのは新規サイトのみとさせて頂きます。
3.8月27日までにウェブマネーかPayPal(クレジットカード)で支払いして頂ける方で、先着順限定です。
 

ランキング操作の無料お試しサービス開始

ランキング操作の無料お試しサービス開始

*アメブロランキング Ameba (アメーバ) の無料体験操作を開始いたしました。*

詳しくは アメブロランキング Ameba (アメーバ)無料体験操作 をご覧になってください。

ランキング操作の無料お試しサービス開始のお知らせです。

人気ブログランキング、にほんブログ村のランキングでのランキング操作を無料で体験できます。

ランキング操作の無料体験についてのお問い合わせはこちら

*無料体験コースのトラフィック量はお試しコースのトラフィック量の半分以下になります。
*無料体験の期間は1日(24時間)とさせて頂きます。
*無料体験をご利用にできるのを1サイトにつき1回のみとさせて頂きます。

24時間だけでも、すぐ順位が上がることを体験できますので、是非ご利用ください。

ランキング操作の無料体験についてのお問い合わせはこちら

 

ブログランキングを操作するのは簡単だ《第四回》

開発チームの一言コラム 第四回 ブログランキングを操作するのは簡単だ

お久しぶりです。クリック代行システムの開発チームのSE 杉本です。

2週間くらいこの開発チームの一言コラムを休ませて頂きましたが、
それにはわけがあるんです。

前回で今回と次回のコラム内容は「ある広告ASPのおかしいシステムと裏技」と、
予告したんですが、既に弊社のシステムでその裏技で稼いでるクライアント様たちから
「公開してしまうと、稼げなくなるじゃないか」とクレームが入ってしまったので、
その話はパスさせて頂きます。ゴメンナサイ(それもそうですけどね)

ということで、今日は違う話題にしましょう。

最近のアクセス解析ログを分析してみると、
ランキング操作」関連のキーワードが「クリック」関連のキーワードより、
多くなってきてる傾向がありますので、ランキングについてお話したいと思います。

ランキングと言っても、アクセスランキング、逆アクセスランキングとブログランキングなどがあります。
今日はその中の「ブログランキング」について、お話したいと思います。

ブログランキングで有名なのは、
ライブドアブログシーサーブログ、とアメブロアメーバブログ)です。

ここでよく覚えて頂きたいのは、ブログランキングの定義というのは、
ブログを提供しているASPでの利用者のアクセス数ランキングです。
同じブログASPを利用しているブログしか参加できません。

ASP=アプリケーションサービスプロバイダ
海外ではブログASPをBSP(ブログサービスプロバイ)と称する場合がありますが、
日本ではこの言葉の一般使用には至りませんでした。

すなわち、ライブドアのブログランキングに参加できるのはライブドアのブログを利用している人で、
シーサーのブログランキングに参加できるのはシーサーのブログを利用している人で、
アメブロのブログランキングに参加できるのはアメーバブログを利用している人になります。
(↑キーワード増やしです、飛ばして結構です)

何故かと言いますと、ブログランキングはアクセスランキングの様に、
コードを発行して、クリック数の計測で順位を決めるのではなく、
単純にアクセス数で順位を決めてしまいますので、
他社のブログだとサーバーがアクセス数を計測できなくなります。

ここで、賢い貴方はもうお分かりでしょうね。

そうです、ブログランキングを操作するのは本当に「超」簡単です。
「超」が20回くらい付くほど簡単です。

ただ只管にブログへトラフィックを送り込めれば、
ブログランキングでの上位表示が普通に可能になります。

くトラフィックエックスチェンジで、ブログを登録して閲覧させているのは、コレですよ。

しかし、トラフィックエックスチェンジというのは、簡単に言えば
「見せ合うサークル」なので、(ちょっとヤラシイ説明ですな)
結局ブログへのアクセスが同じ人ばっかです。

やはり弊社のクリック代行システムで、大量にトラフィックを送り込まなければ、
それなりに効果がないと思われます。
会社の先輩と上司に無理やり書かされた
この様に宣伝もしないと、ワタクシの個人ブログになってしまうんだって
好きで書いてるわけじゃないのにさ
あ〜イタっ!

ライブドアブログシーサーブログ、とアメブロアメーバブログ)の中に、
個人的には ライブドアブログ>シーサーブログ>アメブロ と言うように評価しています。
ブログランキングの操作の簡単度に基づいた評価ではなく、
むしろそれを除いた総合評価です。

ブログランキングの操作はどれも同じ様に簡単ですが、
その「見返し」の効果とASP自身などの総合評価です。

アメブロのブログランキングのあるジャンルにね、
記事が一件しかなく、それも今年の6月の記事なのに、
そのジャンルの一位だってね。

ブログランキングの不正操作をしているかどうかはわかりませんが、
こういうブログランキングのジャンルでは、
それほど「見返し」の効果を期待できません。

ブログランキングの場合は、
競争が激しいほど、効果も高い
必ずよく覚えといてください。

次回は何を書けばいいかわかりませんから、予告しません。
(↑開き直ってる)

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム 

半額クーポン、先着限定無料サービス、各広告ASP対応の裏技などお得な情報満載!
トップページからメルマガへ登録してください!
不正クリック代行システム

先着順4名様特別半額キャンペーン!

先着順4名様特別半額キャンペーン     終了しました。

↓下記のホームページでメルマガに登録して、いち早く無料キャンペーン情報や半額キャンペーン情報を手に入れよう
クリック代行システム
↑サイトへアクセスして、メルマガの登録フォームがございますので、是非登録してください

先着順4名様限定特別キャンペーンのお知らせです。

コース名 金額 期間 残り枠 初期費用
お試しコース 1,000円 2週間 2 無料
ライトコース 3,000円 2週間 2 2,000円

 

先着順で、今日中にお支払いして頂ける方限定です。

お申し込みの流れ:
==>まずはこちらから お問い合わせください (お申し込むフォームではなく、必ずお問い合わせフォームから)
==>枠とコースの確認をしてから、正式的にお申し込みを頂きます。
==>お申し込みを頂きましたら、枠を3時間保留させて頂きます。
==>折り返しに支払い方法をご案内させて頂きます。
==>3時間以内にお支払いを済ませてください。
==>支払いの確認次第、30分程度でサービス開始となります。
 

詳しくはお問い合わせください
 

1.お試しコースは継続ができませんので、次回からはライトコース以上のご利用になります。その際に、初期費用の5,000円が発生致します。
2.ライトコースの継続またはコースのアップグレードの場合は、初期費用掛かりません。
3.このキャンペーンに参加できるのは新規サイト(ブログ)のみとさせて頂きます。
4.既に弊社のサービスをご利用中のクライアント様でもご利用できますが、ご利用できるのは新規サイトのみとさせて頂きます。
5.今日中にウェブマネーかPayPal(クレジットカード)で支払いして頂ける方で、先着順限定です。
 

2009.8.1.EC0249更新履歴と概要:緊急メンテナンス

2009年8月1日12:12

現在緊急メンテナンスの為、一部サービスが停止している状態になっております。

復旧作業中ですので、しばらくお待ちください。

ご迷惑お掛けして申し訳ございません。

人気ブログランキングの不正操作-ランキングサイト別攻略法

人気ブログランキングの不正操作-ランキングサイト別攻略法

*アメブロランキング Ameba (アメーバ) の無料体験操作を開始いたしました。*

詳しくは アメブロランキング Ameba (アメーバ)無料体験操作 をご覧になってください。

人気ブログランキングの仕組みはASPブログランキングの仕組みというより、
アクセスランキングの仕組みを採用しています。

人気ブログランキングで不正ランキング操作をして、
上位または一位を取れば、それなりに効果を期待できます。

人気ブログランキングの仕組みから人気ブログランキングの攻略法を説明致します。

まず人気ブログランキングにブログを登録してください。
人気ブログランキングはにほんブログ村と違い、
審査がなく、登録した時点からランキングに参加したことになります。

人気ブログランキングの登録したら、
この様な人気ブログランキング用のコードが発行されます

人気ブログランキングのコードです:

  1. <a href="http://blog.with2.net/link.php?12345">人気ブログランキング</a> 

もちろん、ここでテキストに「人気ブログランキング」と書かなくてもいいです。
よくいろいろな「騙し」テキストを書くブログを見かけますが、
中には人気ブログランキングの規約に違反する場合がありますので、ご注意ください。

人気ブログランキングのランキング不正操作を行う為、
ここではそのまま「人気ブログランキング」と書きましょう。

続いて、人気ブログランキングの仕組みを理解しましょう。
ランキングサイトとASPのインプレッション計測をまず参考してください。

人気ブログランキングのコードは③-1のCGI、PHPなどのプログラムタイプのプログラム+テキストタイプです。
なので、人気ブログランキングはインプレッションの計測が行われないタイプのランキングです。

人気ブログランキングはインプレッションの計測が行われないタイプのランキングなので、
クリック率とかを気にせずに、どんどん発行されたコードにトラフィックを送り込めばいいです。

一つ誰でも簡単にできてしまう人気ブログランキングを不正操作の方法を教えます。
まずは各記事に普通に人気ブログランキングのコードを記載します。
これは見せかけです。

肝心なのはここです。
ブログのどこでもいいので、下記の様に人気ブログランキングのコードを入れましょう。

  1. <img src="http://blog.with2.net/link.php?12345" width="0" height="0"> 

お分かりになりますか?
ちょっとこの人気ブログランキングのコードについて説明しましょう。

本来なら、<a href=> で、人気ブログランキングのコードを指定しなければなりません。
しかし、この様に記載してしまうと、指定先のページがブラウザに読み込まれない限り、カウントはされません。
つまり、誰かがこの人気ブログランキングのコードをクリックしない限り、IN数は増えません。

ここで、<a href=> ではなく、<img src=> で、人気ブログランキングのコードを画像として指定します。
こうすれば、クリックされなくても、人気ブログランキングのコードは画像として、ブログの記事と一緒に、
ブラウザに読み込まれてしまいますので、クリック数=IN数ではなく、アクセス数=IN数になります。

そして <img src=> は元々画像指定用で、人気ブログランキングのコードは画像ではない為、
ブログには「×」が表示されてしまいますが、ここで <width="0" height="0"> で、
「画像」のサイズを0にしてしまえば、目には見えないものの、ブラウザにはちゃんと読み込まれます。

但し、この様に人気ブログランキングを不正操作してしまえば、
2点の問題があります。

1つは、アクセス数=IN数なので、それなりにアクセス数がなければ、当然人気ブログランキングでのIN数もそれほど増えません。
もう一つは、この様に人気ブログランキングを不正操作してしまえば、結構バレやすいです。

何故この様な不正操作では人気ブログランキングにバレやすいかと言いますと、
仮に人気ブログランキングの関係者が「このサイトのランクかIN数おかしいな」と思ったら、
サイト(ブログ)をまず確認します。
ここで、問題なく

 

  1. <a href="http://blog.with2.net/link.php?12345">人気ブログランキング</a> 

この様な人気ブログランキングのコードが記載されていることを確認したら、
ブログのソースの確認へ入ります。
そうすると

  1. <img src="http://blog.with2.net/link.php?12345" width="0" height="0"> 

の様に、人気ブログランキングのコードを<img src=>で指定いることが発覚されてしまうので、
この様な人気ブログランキングの不正操作では簡単に人気ブログランキングにバレてしまいます。

より安全に人気ブログランキングを不正操作するには、
直接人気ブログランキングのコードにリファラーをブログサイトに偽称したトラフィックを送り込むことです。

当人気ブログランキング不正操作サービスの操作方法では、
実際にリンク元(リファラー)の偽造して、人気ブログランキングのコードへ必要だけの量のトラフィックを送り込みます。
この様な操作によって、バレることなく自然に人気ブログランキングで、
ランキングを一位まで不正操作が出来てしまいます。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム 

半額クーポン、先着限定無料サービス、各広告ASP対応の裏技などお得な情報満載!
トップページからメルマガへ登録してください!
不正クリック代行システム

ランキングサイトとASPのインプレッション計測《第三回》

開発チームの一言コラム 第三回 ランキングサイトとASPのインプレッション計測

どうも、どうも、クリック代行システムの開発チームのSE 杉本です。

今回はランキングサイトとASPのインプレッション計測についてお話したいと思います。
まず、インプレッションって何ですか?

「インプレッションとは、Webサイトに掲載される広告の効果を計る指標の一つで、広告の露出(掲載)回数のこと。サイトに訪問者が訪れ、広告が1回表示されることを1インプレッションという。

 ある広告キャンペーンのインプレッションは、広告を掲載したWebページのページビュー(閲覧回数)の和に、1ページあたりの掲載広告数を乗じたものになる。通常は1ページに1つの広告を掲載することが多いため、掲載ページのページビューの合計に等しくなることが多い。インプレッション1回につき課金する方式をインプレッション保証型広告と呼び、単価は1000インプレッションあたりの価格(CPM)で表される。」(IT用語辞典より)

ってワタクシがいつも思うんですが、
こういう専門用語の説明でさぁ、何故簡単に説明できるのに、
いつも更に説明を難しくしているでしょうか?

インプレッション=広告表示回数。
ハイ、これだけです。

それでは表示回数で課金する広告タイプ以外に、
このインプレッションを計測する必要がないと思うかもしれませんが、
インプレッションはクリック率の計算にも使われます。

インプレッションの説明をここまでにして、本題へ入らせていただきます。
ランキングサイトとASPでインプレッションの計測が行われているでしょうか?

結論から言いますと、
ランキングサイトはインプレッションの計測が行われていないと考えて結構です。
広告ASPは殆どインプレッションの計測が行われていると考えた方がいいです。

インプレッションの計測が行われていない仕組みであれば、
どんどんクリック率を気にせずにトラフィックを送ったり、クリックをしたりすればいいんですが、
インプレッションの計測が行われている仕組みであれば、

クリック率などによく意識をしながら、不正クリックやランキングの不正操作をしなければなりません。

ここで、ランキングサイトと広告ASPが発行しているタグ(コード)で、
そのランキングサイトと広告ASPはインプレッションの計測が行われているかどうかの、
判別方法をお教え致します。

まずは①テキストタイプです。
相互リンクによく使われてるタイプです。
アクセスランキングサイトにも使用されるタイプでして、
インプレッションの計測が行われていないモノで、
広告ASPに使われることはまずないでしょう。

  1. <a href="http://ever-click.com/"> EVER-CLICK </a> 

 

②JavaScriptタイプ
コンテンツマッチングタイプの広告ASPによく使われています。
例えばグーグルアドセンスもこの様なタイプです。
JavaScriptはページのソースと一緒にブラウザに読み込まれるので、
インプレッションの計測が行われます。

  1. <script type="text/javascript"><!--      
  2. google_ad_client = "pub-0000000000000000";      
  3. /* 000x00,  00/00/00 single top link */     
  4. google_ad_slot = "00000000000";      
  5. google_ad_width = 000;      
  6. google_ad_height = 00;      
  7. //-->      
  8. </script>   
  9. <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">    
  10. </script>   

 

③CGI、PHPなどのプログラムタイプです。
この様なタイプには要注意です。
アクセスランキングにも広告ASPにも使用され、
中にもインプレッションの計測が行われると行われないタイプがあります。
細かく説明しましょう。
まずは、プログラム+テキストタイプです。

 

  1. <a href="http://blog.with2.net/link.php?12345">人気ブログランキング</a> 

ご存知かと思いますが、人気ブログランキングのコードです。
大体どこのアクセスランキングもこの様なコードを利用しています。
もちろんインプレッションの計測が行われないタイプです。

JavaScriptはページのソースと一緒にブラウザに読み込まれるのに対して、
Php、CGIなどのプログラムは、上記の様にプログラムへのリンクが
掲載されているだけでは読み込まれませんので、当然インプレッションの計測が行われません。

続きまして、プログラム+イメージタイプです。

  1. <a href="http://blog.with2.net/link.php/12345"> 
  2. <img src="http://blog.with2.net/fuseisousa.jpg"></a>   

これもただテキストの部分をイメージ(画像)へ変更しているだけなので、仕組みは一緒です。
但し、<img>タグを利用してインプレッションの計測を行っているタイプもあります。
例えば、アクセストレードです。

  1. <a href="http://www.accesstrade.net/at/c.html?rk=57483798594832543" target="_blank"> 
  2. <img src="http://www.accesstrade.net/at/r.html?rk=57483798594832543" alt="" border="0" /></a> 

<img>タグの部分を見てください。 
この様にsrcが指定しているのは画像ファイル(拡張子がjpg,gifなど)ではない場合は、
インプレッションの計測が行われていると考えておいた方が無難です。

先ほども書きましたが、
JavaScriptはページのソースと一緒にブラウザに読み込まれるのに対して、
Php、CGIなどのプログラムは、上記の様にプログラムへのリンクが
掲載されているだけでは読み込まれません。
しかし、<img>はJavaSpriptと同じ様にページのソースと一緒に読み込まれるのので、
インプレッションの計測が行われることになります。

次回の予告ですが、
(予告してもしなくてもワタクシが書かされるじゃん)
連続2回(次回と次々回)で、ある
広告ASPのおかしいシステムと裏技について、
皆様にお話したいと思います。

それでは風邪気味なので、これで帰宅させてさせてください。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム 

半額クーポン、先着限定無料サービス、各広告ASP対応の裏技などお得な情報満載!
トップページからメルマガへ登録してください!
不正クリック代行システム

ブログランキングの不正操作方法

ブログランキングのシステムの仕組みと
ブログランキングの不正操作方法を公開させて頂きます。
ご自分で操作できる方は是非勉強して、ブログランキングの不正操作をご自分で操作してください。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

ブログランキングは、
そのブログを提供しているASPが各ジャンルまた総合的にのアクセス数のランキングです。
同じASP内のブログしか参加できません。

例えばライブドアのブログランキング、アメブロのブログランキングやシーサーブログ、
などがこの様なブログランキングになります。

この様なブログランキングのシステムですが、
ブログアクセスランキングは単純にそのブログにアクセスが多い順でランキングしています。

単純にブログへアクセスを送り込めば、ブログランキングで上位表示されます。
トラフィックエックスチェンジで、ブログを登録して、ひたすらブログを表示されるのも、
ブログランキングでの上位表示を狙っている為です。

しかし、トラフィックエックスチェンジが増やせるのはPV数であって、
IP数はそれほど増えないので、
効果はあんまり期待できません。
(トラフィックエックスチェンジは同じトラフィックエックスチェンジに登録している人にしか表示されないので、結局同じ人ばっかり)

当アクセスランキングの不正操作サービスは違うプロバイダーの違うIPという高い質のトラフィックを送り込むことによって、
実に各ASPの各ジャンルのブログランキングに上位表示させることができます。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

逆アクセスランキングの不正操作方法

逆アクセスランキングのシステムの仕組みと
逆アクセスランキングの不正操作方法を公開させて頂きます。
ご自分で操作できる方は是非勉強して、ご自分で操作してください。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

逆アクセスランキングは無審査で、登録する必要もありません。
逆アクセスランキングの数も非常に多いんですが、
個人で運営している逆アクセスランキングも結構ありますので、
そういう逆アクセスランキング期待できる効果はそれほどでもないかもしれません。

逆アクセスランキングについてですが、
逆アクセスランキングは単純に貴方のサイトからアクセス数を計算して、
多い方が上位表示されます。

簡単に言えば、逆アクセスランキングはランキングサイトの“リンク元”のランキングです。
その為、多くの逆アクセスランキングの上位を取ってるサイトが殆ど大手な検索エンジンになってしまいます。

例えば、Aという逆アクセスランキングを取ってるサイトがあるとします。
ヤフー検索からのアクセスがが38で、相互リンクサイトのBサイトからのアクセスが10で、
Cサイトからは9とします。
このAサイトの逆アクセスランキングでは、Yahoo、B、Cというランクになります。

この様な逆アクセスランキングを不正操作するには、
多少の技術が必要となります。
逆アクセスランキングはランキングサイトの“リンク元”のランキングだということを利用して、
その逆アクセスランキングサイトへ、リンク元(リファラー)を貴方のサイトに偽造したトラフィックを送り込めば、
簡単に一位を取ることが出来ます。

危険なのは、トラフィックを送りすぎることです。
ヤフーやグーグルなど大手な検索エンジンからのアクセスが2桁なのに、
あるサイトのアクセスが100も超えてしまうとは、ありえませんから。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

アクセスランキングの不正操作方法

ノーマルタイプのアクセスランキングのシステムの仕組みと
ノーマルタイプのアクセスランキングの不正操作方法を公開させて頂きます。
ご自分で操作できる方は是非勉強して、ご自分で操作してください。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

ノーマルアクセスランキングのシステムですが、
貴方のサイトにアクセスランキングサイトから発行されたコードを貼り付ける必要があります。
そのアクセスランキングサイトから発行されたコードを誰かクリックしたら、
クリック先のアクセスランキングサイトへ飛ばされますので、
貴方のサイトに1ポイントが与えられます、これを“INポイント”といいます。
誰かがランキングサイトで、貴方のサイトをクリックしたら、、
貴方のサイトへ飛ばされますので、貴方のサイトにも1ポイントが与えられます、これを“OUTポイント”といいます。
INポイントかOUT ポイントでいずれの高い順でサイトがランキングサイトへ表示されます。

ブログランキングの人気ブログランキング がこの様なシステムを使っています。

ノーマルランキングでの不正操作方法について、
この様なノーマルアクセスランキングは殆どCGIを使って、
発行されたコードも<a href>タイプですので、不正操作は非常に簡単です。
ターゲットは:INポイントの高い順で表示される場合は発行されたコード、
OUTポイントの高い順で表示される場合はアクセスランキングサイトで貴方のサイトへリンクしているコードです。
方法としましては、<IMG>タグを使い、SRCをターゲットコードにして、サイズを0にすればOKです。

ノーマルタイプのアクセスランキングの不正操作方法は、
他にもIFRAMEを使う方法もあります。

しかし、ノーマルタイプのアクセスランキングをこの様な方法で不正操作をするには、一つの問題があります。
ポイント=貴方のサイトのアクセス数になりますので、サイトに充分なアクセスがなければ、ランキングの上位に表示されることが不可能です。

また、この様な方法でアクセスランキングを不正操作したら、サイトアクセス:クリック=100%になってしまいますので、
アクセスランキングサイトも簡単に不正操作だと察知してしまいます。

当アクセスランキング不正操作サービスの操作方法では、
実際にリンク元(リファラー)の偽造して、そのコードへ必要だけの量のトラフィックを送り込みます。
この様な操作によって、自然にランキングを一位まで不正操作が出来てしまいます。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

サイトのコンテンツ-クリック代行システムの使用方法

サイトのコンテンツについて-クリック代行システムの使用方法

サイトのコンテンツについて説明させていただきます。

稀にサイトコンテンツが極めて少ない状態で、
クリック代行システムに申し込みをするクライアント様がいます。

新しいサイトでコンテンツ(ページ数)が少ない場合、
また検索エンジンにインデックス(拾われてる)されていない場合は、
リンク元(リファラー)の偽造設定が非常に難しくなりますので、
出来ればクリック代行システムに申し込む前に、
サイトのコンテンツを20ページ以上に増やして、
検索エンジンにインデックスされてからのご利用をお勧めいたします。

できればクリック代行システムに申し込みをする前に、
グーグルやヤフーなどの検索エンジンで、インデックス状況を調べて頂きたいと思います。
方法はグーグルやヤフーなどの検索エンジンで、site:サイトURL で検索してください。

例えば、http://abcd.com というサイトがあります。
グーグルやヤフー検索で、site:http://abcd.com で検索すれば、
検索エンジンにインデックスされているかどうかがわかります。

どうしてもコンテンツをこれ以上増やせないサイトや
いつまで経っても検索エンジンにインデックスされないサイトは
アクセスランキング操作のご利用を先にお勧めいたします。

アクセスランキング操作についてのお問い合わせはこちら

ランキング操作で人気あるランキングの一位を取り、
アクセスランキングからアクセスされた様に
リファラーを偽称すれば、問題解決できます。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム 

不正クリックと正常クリックの曖昧な関係《第二回》

開発チームの一言コラム 第二回 曖昧な不正クリックと正常クリックの定義

どうも、どうも、クリック代行システムの開発チームのSE 杉本です。

第二回のこのコラムも、このワタクシが書くことになりました。
(これでほぼ社内イジメだと確定…)

さて、前回不正クリックを排除することは不可能だ!<第一回>のコラムでは、
広告ASPがどんな対策を取っても、必ずその対策を回避する方法があるとお話しました。

実際に、不正クリックと正常クリックの区別定義も非常に曖昧であります。
その曖昧さを利用することが、不正クリック代行システムの仕組みの中に最も重要な部分です。

早速本題に入らせて頂きますが、
今回のコラムでは、曖昧な不正クリックと正常クリックの定義について、
お話させて頂きたいと思いますね。

不正クリックの定義は何ですか?
正常クリックの定義は何ですか?

恐らくこの二つの質問をどこの広告ASP会社に問い詰めても、
それぞれ違う答えが出て来ちゃうでしょう。

広告ASPがよく利用規約に不正クリックの定義を記載していますが、
皆様はそれをよく読んだことありますか?

なに?そんな読みづらいモノは読まんと?
よろしい~~よろしい~~

ワタクシもね、この職に就くまで、そんなモノ一度も読んだことがありませんでした。
で、利用規約に不正クリックの定義が記載されているものの、
正常クリックの定義はどうなんでしょうかね?

面白いことに、正常クリックの定義を記載している広告ASPどこにもありません。
何故ならば、正常クリックの定義を書き出そうとすれば、
不正クリックの定義と一部被ったり、曖昧な表現になってたりするので、
結局正常クリックを定義したくてもできないでしょう。

ある広告ASPから、不正クリックの定義を借りてきました。
(何も言わずに借りてきたので、盗みに該当する)

  • 管理者/同一ユーザ等による頻繁なクリック
  • プログラムによる不正クリック
  • 自動クリックソフトによる不正クリック
  • その他トリックによる作為的なクリック

「管理者/同一ユーザ等による頻繁なクリック 」
これはクッキーを消して、同一IP からのクリック時間を最大72時間ランダムに設定し、
解析度、IPなどを変更すればいいって話で、話になりません。

「プログラムによる不正クリック 」と「自動クリックソフトによる不正クリック 」
要するにはプログラムだとバレなきゃいいって話だから、
どこのクリック代行システムでも、こういう最低限の技術を持ってると思います。

問題なのは:
「その他トリックによる作為的なクリック 」
その他のトリックとは、他のサイト運営者とクリックし合うとか、
知り合いにクリックしてもらう様に頼むとかですね。
これが一番曖昧なところで、
クリック代行システムもこの曖昧なところを利用しています。

もちろん30人の知り合いに「毎日1クリック」を頼んでるじゃ、
それはすぐバレます。しかし、極端の話ですが、
例えば、ワタクシに知り合いに3000人がいるとします。
(あくまでも例え話です、ワタクシにはそんな人脈を持っていません)
この3000人を1グループ100人に、30グループに分けます。
各グループに100人のうちに、ランダムで3人をクリック担当にさせます。
(ジャンケンで決めるとか、サイコロで決めるとか…)

1ヶ月間だけ、1日目にはグループ01の知り合いが当番で、
2日目にはグループ02………30日目にはグループ30。

当日に当番グループメンバーはヤフーかグーグルで、
別々のキーワードでワタクシのサイトを検索して、サイトへアクセスしてもらいます。
サイトへアクセスしたら、少なくても3ページを各ページを1分間くらい閲覧してもらったら
トップページへ戻ってもらい、続いて3人のクリックメンバーに一つだけ、広告をクリックしてもらいます。
広告をクリックしたら、更にそのクリック先の広告サイトを3分間見てもらうことにします。

これで、不正クリックですか?
これは「その他トリックによる作為的なクリック 」だから、恐らく不正クリックですね。

じゃ~~~~こう考えて見ましょう。
ワタクシがあるサイトを運営していて、
ヤフー検索やグーグル検索からのアクセスが約100人/日だとします。
そして、クリック率が約3%となります。

どう違うんですか?
唯一違うところは、ワタクシが知り合いに頼んでるところだけです。
えっ?メールが監視されてるの?電話が追跡されてるの?
そんなわけないんでしょう。

そんなわけないんだから、
上記の様な巧妙な手口のトリックでの不正クリックでも、
結局正常クリックだとカウントされてしまいます。

 クリック代行システムの仕組みは、この点を利用しています。
ワタクシが知り合いに頼んでる「行動」をクリック代行システムにさせてるだけです。

ということで、次回の予告をしたらまた書くことになりかねないので、
これで失礼させていただきます。ではでは

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム 

 

半額クーポン、先着限定無料サービス、各広告ASP対応の裏技などお得な情報満載!
トップページからメルマガへ登録してください!
不正クリック代行システム

クリック代行コースの選択-クリック代行システムの使用方法

クリック代行コースの選択-クリック代行システムの使用方法

今回はクリック代行システムのコース選択について、説明させて頂きます。

クリック代行システムでは、お試しコースから、プレミアコースを用意しております。
クリック代行システムのお試しコースは一日2,000IP、7,200PVで、
クリック代行システムのクリック率を3%に設定した場合、
約一日200クリックになります。
クリック代行システムのプレミアコースでが、一日12,000IP、43,200PVで、
クリック代行システムのクリック率を3%に設定した場合、
約一日1,200クリックになります。

IPとPV数が多ければ、クリック数も上がるので、もちろんコミッションも高くなりますが、
いきなりクリック代行システムの「ヘビーコース」以上のコースのご利用は、一気にIPとPV数が大量に増え、
あんまりにも不自然なので、お勧め致しません。

一番望ましいパタンは、先にお試しコースを1ヶ月間、
そして翌月からライトコースから徐々に2ヶ月~3ヶ月ごとにコースをアップグレードしていくパタンです。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム 

 

不正クリックを排除することは不可能だ!《第一回》

開発チームの一言コラム 第一回 不正クリックを排除することは不可能だ!

初めまして、クリック代行システムの開発チームのSE 杉本です。

このコラムでは、
うちら開発チームのメンバーがいろいろ業界の裏話や裏情報を皆様にお話をするコーナーです。

で、何故かわかりませんが、開発チームの中に一番格下のSEのこのワタクシが、
第一回のコラムを書くことになりました。(社内イジメなのかな…)

さて、早速ですが、第一回の題名は「不正クリックを排除することは不可能だ!」です。
今回は、ぶっちゃけ話をしたいと思います。

ぶっちゃけ、(ぶっちゃけ話だから、ぶっちゃけで始らないとダメなのかな)
広告ASPがどんなに頑張っても、不正クリックを完全に排除することは不可能です。

広告ASPが対策を取ったところで、必ずその対策を回避する方法がありますから。

一番最初に広告ASPが取った不正クリック対策は、
恐らく“同一IPをカウントしない”だったでしょう。
だったら、IPを変えればいいじゃないって話になりました。

それから、IP段、解析度、地域、時間、などで、
色々な対策を広告ASPが“試して”みたんですが、
どれも不正クリック代行システムに回避されてしまいました。

不正クリックの判断基準をそんな属性に任せている広告ASPのSEは、
中学生レベルですね。(ワタクシの勝ち?)

だって、IP段、解析度、地域、時間、などの属性は、
普通に変更できるモノか“自己申告”タイプなので、
いかにも簡単に偽称(または変更)することが出来てしまいます。

それとですね、
「エンジンがクリックしたユーザーの発信した IP を記録し、同一 IP からの重複クリックの排除期間をランダムに設定する。これにより、不正ユーザーは課金のタイミング予測が不可能となり、不正クリックの排除が実現できる」
というシステムを開発した広告ASP会社のSEがいました。

そのSEって小学生レベルじゃん。(またワタクシの勝ちじゃん)

一見、この様なシステムの仕組みは“すごいな”と思われてるかもしれませんが、
よく考えたら、“意味ないことしてるな”と思ってしまいます。

「エンジンがクリックしたユーザーの発信した IP を記録し」
当たり前のことですね。
問題なのは、次のこれです。

「同一 IP からの重複クリックの排除期間をランダムに設定する。これにより、不正ユーザーは課金のタイミング予測が不可能となり、不正クリックの排除が実現できる」
バカじゃないの?
確かに、同一IP からのクリック時間を一定にした場合、排除期間をランダムに設定すれば、タイミング予測が不可能です。
しかし、同一IP からのクリック時間を最大72時間ランダムに設定すれば、簡単にこの設定を回避できてしまいます。

しかも、不正クリック代行業界では、このシステムを「自殺システム」だと呼んでいます。

考えてみてくださいね。

このシステムが「不正クリックの排除が実現できる」と共に、
「通常クリックも排除してしまう」でしょう?

で、不正クリック代行業界ではこの設定を簡単に回避してしまうので、
最後に、このシステムはただの「通常クリックをランダムに排除するシステム」に過ぎません。

このわけのわからん会社がこのシステムを自社用だけではなく、
販売もしているそうですが、立派な詐欺ですね(笑)
もしかしたら、この会社が裏で“不正クリック代行サービス”を提供してたりして…

まぁまぁ、広告ASPがどんな対策を取っても、必ずその対策を回避する方法があるので、
結局唯一不正クリックを排除する方法は、クリック報酬を提供しないことになってしまいます。

それだけではなく、実際のところ、
不正クリックと正常クリックの区別定義も非常に曖昧である為、
その曖昧さを利用することが、不正クリック代行システムの仕組みの中に、
最も重要な部分です。

次回は、曖昧さを利用する不正クリック代行システムの仕組みについて、
お話したいと思います。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム