クリック代行においての合理的な範囲とは

クリック代行においての合理的な範囲とは

広告の報酬を目的とするクリック代行にも、ランキングの操作にも、 合理的な範囲という概念があります。
操作量とクリック数がこの合理的な範囲を超えてしまうと、 クリック数の承認率が下がってしまいます。

クリック代行なら、収益性が下がり、報酬が少なくなります。 ランキング操作なら、有効ポイントとして計上されるクリック数が少なくなり、順位が下がります。

報酬が少なくなったり、順位が下がったりするだけなら、まだマシで、 場合によっては、アカウントが削除されてしまいます。

従いまして、クリック代行においても、ランキングの操作においても、 最も効率の良い、コストパフォーマンスの高い戦略は、 ただひたすらに、操作量とクリック数を増やすことではなく、 操作量とクリック数を合理的な範囲に抑えることです。

それでは、ここでいう、合理的な範囲とは、具体的にどのような範囲でしょうか? 報酬とクリック数をいくらまでに抑えればよいのでしょうか? ランキング操作におけるポイント数はどの範囲までに抑えればよいのでしょうか?

残念ながら、これと言った答えはありません。
なぜならば、合理的な範囲というのは、
現在アクセス数
サイトのタイプ、性質
広告ASP
ランキングサイト
カテゴリ
現在順位
今までの報酬の推移
その他、などなど、様々な要素によって影響され、異なるからです。

簡単な例をあげましょう。

たとえば、2つのサイトがあるとします。

一つ目のAサイトは、2chまとめサイトで、40,000アクセス/日があるのに対して、 二つ目のBサイトは、個人の日記サイトで、500アクセス/日しかありません。

ここで、“100クリック/日”は、“合理的な範囲”であるかどうかを考える時に、 クリック率に直してみれば、それぞれの答えは明らかに違うのでしょう。 Aサイトにおいて、クリック率は、100/40,000=0.25%で、 Bサイトにおいては、100/500=20%になります。

ここから、報酬の金額から考えてみます。 仮に、1クリック10円だとします。

Aサイトでは、1,000円/日の報酬ですが、クリック率が0.25%という低水準なので、 4倍の4,000円/日、クリック率1%にしても、合理的な範囲内に収まっています。 それに対して、Bサイトも同じく1,000円/日の報酬ですが、 クリック率が明らかに高すぎますので、むしろ下げる必要があります。

もっと簡単な例で考えてみましょう。

100,000円/日の報酬は、合理的な範囲なのか、を考える時に、 それは、どこのサイトによって、答えが違います。 有名人でもない個人の日記ブログなら、明らかに超えていますが、 ヤフー yahoo.co.jp なら、むしろ、少ないでしょう。

説明を理解しやすくするために、上記の要素の中から、アクセス数のみを取り上げていましたが、 複数の要素が絡み合っているため、、実際にはもっと複雑な話になります。 サイトを見ただけでは、この合理的な範囲というのを算出することができません。

弊社クリック代行のエバークリックでは、長年にわたって、この合理的な範囲についての、 データ、ノウハウと経験を蓄積しているため、 クライアント様に最適な方案をご提案することができます。

 

Copyright© 2009-2017 Ever-Click.com All Rights Reserved.