広告とクリック対象の判断基準

広告の判断基準-クリック代行システムの使用方法

クリック代行システムでの広告の判断基準について、説明させて頂きます。

クリック代行プログラムはドメインで広告であるかどうかを判断します。
例えばクライアントサイトが http://www.abcd.com/ だとします。
サイト内に http://www.abcd.com/ で始るリンクを全てサイト内のリンクだと判断し、
http://www.abcd.com/ で始まらないリンクを全て広告だと判断します。

サブドメインもサイト外リンクに判断してしまいます。
即ちクリック代行システムが広告の様に判断し、サブドメインのリンクをクリックしてしまいます。

<a href=>タグで記載されていないリンク、
例えばグーグルアドセンスなどのjavascriptのコート、
でもちゃんと広告だと判断できますのでご安心ください。

しかし、相互リンクや無料サーバーの“強制”広告もクリックしてしまいますので、
あらかじめ相互リンクを外したり減らしたりしておくか、
クリック率をやや上げることが必要です。

クライアントサイトが http://www.abcd.com/ の場合で、
クリック代行システムがサイト内リンクだと判断する例:
(クリック代行システムがクリックしないリンクの例)

http://www.abcd.com/1.htm 
http://abcd.com/1.htm 
http://www.abcd.com/1.htm

クライアントサイトが http://www.abcd.com/の場合で、
クリック代行システムが広告だと判断する例:
(クリック代行システムがクリックするリンクの例)

http://www.xyz.com/
http://xyz.abcd.com/
http://blog.with2.net/link.php?XXXXX
などになります。

もちろんグーグルアドセンスなどのjavascriptのコート:

  1. <script type=”text/javascript”><!–
  2. google_ad_client = “pub-0000000000000000”;
  3. /* 000×00, 00/00/00 single top link */
  4. google_ad_slot = “00000000000”;
  5. google_ad_width = 000;
  6. google_ad_height = 00;
  7. //–>
  8. </script> <script type=”text/javascript”
  9. src=”http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
  10. </script>

 

でもクリック代行システムがちゃんと広告だと判断し、クリックしてくれます。

不正クリック代行システムへのお問い合わせはこちらまで

不正クリック代行システム

Copyright© 2009-2017 Ever-Click.com All Rights Reserved.